15.06.30(Tue)

「ハウス・オブ・カード」のコリー・ストールが結婚!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

コリー・ストール&ナディア・パワーズ

 米ドラマ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」などで知られ、最新マーベル作品『アントマン』にも出演している俳優のコリー・ストール(Corey Stoll, 39)が20日、ドラマ「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック 塀の中の彼女たち」で知られる女優のナディア・パワーズ(Nadia Bowers, 41)と結婚したことを明かした。

 コリーは2014年10月にナディアと婚約。先々週に極秘結婚したと明かした。

 「土曜日に結婚したんだ」とコリーは26日に行われた米エンターテイメント情報番組「E! News」とのインタビューで告白し、左手の薬指を見せた。「ハネムーンはその前に行ったよ」

 ニューヨーク出身のコリーは「東部」で挙式したと話している。

 またコリーは同じインタビューで、ナディアが第1子男児を妊娠していることも明かした。『アントマン』でイエロージャケットを演じているコリーは、生まれ来る息子に贈るプレゼントを用意しているとも語った。

 「イエロージャケットのシーツだよ」と笑顔を見せている。

 コリーは最近、多忙な日々が続いており、現在は有名な映画監督のギレルモ・デル・トロ(Guillermo del Toro)による新TVシリーズ「ストレイン 沈黙のエクリプス」のプロモーション活動を展開している。

 昨年は映画『This Is Where I Leave You(原題)』も公開された。同作ではジェーン・フォンダ(Jane Fonda)扮するキャラクターの息子を演じており、名女優として有名なジェーンとの初共演で神経がすり減る思いがしたと認めている。

 「初対面で、とても緊張したよ。びくびくしていた。みんなからは『とてもいい人だ』と聞いていたけど、伝説の女優だからね。彼女は会った瞬間から全力投球で、何事にも好奇心を持っていた」とコリーはElle誌オンライン版で語っている。「数週間がすぎると、それまでの会話が全部僕のことを言っていたことに気づいて、気まずい思いがした。それが彼女なんだ。すばらしい成功と、多様性に富むキャリアのカギだ。彼女は外に向かっていて、決して好奇心を失わない。いつも質問ばかりしているよ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。