15.06.29(Mon)

リック・オウエンス、ランウェイで抗議したモデルを殴る!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

リック・オウエンスの2016年春夏コレクション

 ファッションデザイナーのリック・オウエンス(Rick Owens)が、2016年春夏コレクションのランウェイで抗議活動したモデルを殴った。

 リックは過激なファッションショーを行うことでも有名で、2015年秋コレクションでは男性の性器を露出させて物議をかもした。25日午前にパリで行われたショーでは最新メンズコレクションを発表したが、ある男性モデルがランウェイで抗議活動をしたことに激怒した。

 ファッション業界紙「WWD」によるとジェラ(Jera)という名前のこのモデルは、「アンゲラ・メルケル(Angela Merkel)を殺して下さい–否」と書かれた布を掲げ、独首相に言及した。

 しかしリックはこの行動を受け入れられず、英Dazed誌デジタル版でことのてん末を説明した。

 「アンゲラ・メルケルを殺せとか何とか書いてあったと思う。そうだよね? 僕のアイディアじゃないから分からない。彼がそれを取り出したから、僕はステージ裏で彼を殴ったよ」とリックは怒りをぶちまけた。彼はこの12年間、僕にとって男性ミューズだったし、ショーで何をやってもいいと勘違いしたんだろうが、僕の怒りは収まらない」

 リックはWWDにこうつけ加えている。「彼が舞台から戻ってきたときに僕が殴ったのは、頭のおかしい、反抗的な役立たずのモデルだった。僕が殴ったことはぜひ伝えてほしい」

 リックの最新コレクションは男性の攻撃性をテーマとしているだけに、今回のハプニングで余計に怒りが収まらないようだ。

 「メンズコレクションの構想を練るときは、常に攻撃性が頭にある。なぜなら男性のDNAに埋め込まれているものであり、私も含めた男性全員が考え、悩んでいるものだからだ」とリックはDazedに説明した。「野望と効率が攻撃性に加わるのはいつなのか?という疑問をいつも考えている。そしてあのモデルは自分の攻撃性に流されてしまい、バランスを失った。アンバランスになったんだ。攻撃性に乗っ取られてしまった」

 リックは今回のハプニングは計画したものではないと明言。会社を通じて発表された公式声明でも計画性を否定した。ブランドの精神を反映したものでは一切ない、「独自の声明」だとしている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。