15.06.23(Tue)

パリス・ヒルトンの弟コンラッド、飛行機の業務妨害で有罪判決!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

コンラッド

 ヒルトンホテル創業家出身のパリス・ヒルトン(Paris Hilton)の弟コンラッド(Conrad, 21)が昨年に飛行機の運行業務を妨害した容疑で有罪判決を受けた。

 パリスとニッキー(Nicky)の弟にあたるコンラッドは昨年7月、ロンドン発ロサンゼルス行きのブリティッシュ・エアウェイズ機内で他の乗客に暴言を吐いて逮捕された。当局はコンラッドが他の乗客を「田舎者」と呼んだり、客室乗務員を殺すと脅したりしたと主張。暴れることもあったため、客室乗務員は手錠をかけることを余儀なくされたという。

 コンラッドは3月、暴行容疑で有罪を認めた。米エンターテイメント情報番組「Access Hollywood」によると、16日に開かれた公聴会で750時間の社会奉仕活動を命じられたという。また、メンタルヘルスのカウンセリングと処方薬中毒の治療を受けなければならない。

 コンラッドは公聴会で悪い態度を謝罪し、このようなことは二度としないと誓ったようだ。

 しかしコンラッドのトラブルがこれで終わったわけではない。カリフォルニア州リバーサイド郡で起こした危険運転と警察からの逃走でも訴追されているからだ。

 米Desert Sun紙は以前、コンラッドが昨年8月にカリフォルニア州パームスプリングス付近の州間高速道路10番を走行中に事故を起こしたと伝えていた。カリフォルニア・ハイウェイ・パトロールは同紙に対し、コンラッドが午後12時20分頃、2013年製のBMWを猛スピードで運転中に右側のレーンに移ろうとして1971年製のフォルクスワーゲンの左後部にぶつかったと語った。コンラッドの車はその後、トレーラーに衝突したが、運転手にケガはなかったという。

 コンラッドは救出器具によって事故車から外に出された。デザート・リージョナル・メディカルセンターに緊急搬送されて骨折した手の治療を受けたという。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。