• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • ロバート・パティンソン、「テッド2」のセス・マクファーレン監督のパーティーでトイレの壁を破壊!?

15.06.22(Mon)

ロバート・パティンソン、「テッド2」のセス・マクファーレン監督のパーティーでトイレの壁を破壊!?

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ロバート・パティンソン

新作コメディー映画 『テッド2 』の公開を前に、監督であるセス・マクファーレン(Seth MacFarlane)が、ビバリーヒルズの自宅で去る6月19日に内輪のパーティーを開催した。

このパーティーには、映画『トワイライト』シリーズのロバート・パティンソン(Robert Pattinson)も出席。婚約者のFKAツィッグス(FKA twigs)を同伴せずに現れたロバートだったが、彼を待っていたのはとっても恥ずかしい経験だった。

「ロバートがね、トイレに行こうとしたんだ。ただ、そこでつまづいたのか、トイレを囲っていたガラスの壁にもろに倒れこんでしまって… ガラスの壁は粉々になって倒れてしまったのさ」と、これは関係者がUs Weekly誌にたれこんだお話。

プライベートなパーティーとして催されたこの夜の会には、多くのセレブが出席し、さまざまな仕掛けが満載だった。

お酒を飲めるバーが数か所に設けられ、そのほかにもお寿司が食べられるカウンターや甘いデザートや前菜をたらふく食べられるコーナーも設けられていた。喫煙者のためのセクションも用意されていたし。マクファーレンの自宅のテニスコートは、ジャズが奏でられるバーに変身。そこには、この日のために特設の二階建て会場まで建てられていた。

DJとジャズバンドの演奏に迎えられたゲストたち。さらにはマクファーレン本人によるフランク・シナトラの歌の披露というおまけつき(彼の18番は、シナトラの「Learnin’ the Blues」であるらしい)。上機嫌のマクファーレンの口からは、ぽんぽんとジョークが飛び出していた。

「この中で『テッド2』の試写に来てくれたのは誰と誰だっけ? それじゃ、パーティーだけに来た人は…? お前らはサイテイだな!」 などと叫んでゲストの笑いを誘っていた。

パーティーのとても良い雰囲気に、何人かのゲストは甘い気持ちを抑えられなくなったようだ。報告されたところによると、ニーナ・ドブレフ(Nina Dobrev)は新しい彼氏オースティン・ストウェル(Austin Stoewll)と初めから終りまでずっとキスばかりしていたし、ロマンチックなダンスまで披露して見せたとのこと。

このパーティーには、ほかにも、女優で脚本家のアレックス・ボーステイン(Alex Borstein)、俳優のジェフ・スタルツ(Geoff Stults)、ベン・サヴェージ(Ben Savage)、デニス・ヘイスバート(Dennis Haysbert)、女優でシンガーソングライターのデビー・ライアン(Debby Ryan)らが参加していた。

マーク・ウォールバーグ(Mark Wahlberg)、アマンダ・サイフリッド(Amanda Seyfried)と、おなじみの顔が揃った『テッド2』は、6月26日に全米公開を迎える(日本公開は、8月25日)。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。