• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • ブラッド・ピット、仏古城に想定より巨額の改修費 そのせいで飛行機はエコノミー?

15.06.19(Fri)

ブラッド・ピット、仏古城に想定より巨額の改修費 そのせいで飛行機はエコノミー?

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ブラッド・ピット&アンジェリーナ・ジョリー

 俳優のブラッド・ピット(Brad Pitt, 51)は、フランスに所有する古城「シャトー・ミラヴァル」の改修費に、想定よりはるかに巨額の改修費をかけているようだ。

 ブラッドと妻で女優のアンジェリーナ・ジョリー(Angelina Jolie)は2012年、3,500万ポンド(約67億5,100円)で以前から借りていたシャトー・ミラヴァルを購入した。その後、改修工事をスタートしたが、当初考えていたよりもはるかに多額の費用がかかっているらしい。

 「ブラッドが当初想定していた予算をはるかに上回る費用がかかり、一家は自分たちで支払う場合はプライベートジェット機を使用しなくなったと聞いている」と隣人で観光会社を経営するジェイムソン・ファーン(Jameson Farn)が英版Hello!誌で明かした。「変だと思う人もいるかもしれないが、ブラッドとアンジェリーナは、ずっと安い金額で民間の航空会社を利用できるのに、プライベートジェット機に大金を使うのはおかしいと感じている。子どもたちもその方が好きだし、冒険だと思っているんだ」

 夫妻は今月、パリからニースへと向かう飛行機でエコノミークラスに搭乗したと報じられた。

 夫妻は当初、予定よりもたくさんの費用をかけてミラヴァルを改修するつもりでいたが、それだけの価値はあったようだ。

 「フランスでワインビジネスをしていて、ミラヴァルを訪れた友人が言うには、息をのむほど美しかったらしい」とジェイムソンはつけ加えた。「とても控えめな金属のゲートがあって、セキュリティが開けると、オリーブの木が並ぶ2マイル(約3.2キロ)もの長い私道が続く。いくつもの噴水と広大な芝生が目に入り、子どもたちが乗るシェットランド・ポニーがいて、コイが泳ぐ大きな池もある。母屋の改修は終わっていて、ようやく落ち着ける場所ができて、一家は安心しているだろう」

 ブラッドとアンジーは6人の子どもを育てており、夏は別荘として使うミラヴァルですごしている。広大な敷地のためほとんど外出の必要もなく、そこが気に入っている点だという。

 「ブラッドはたくさんのおもちゃを持っていて、夜に星空を見る望遠鏡もある。一家は一度来たらなかなか外に出ない」とある事情通は同誌に語っている。「ミラヴァルは小さな村くらいの大きさで、家族全員が楽しんですごせる、考えうる限りのすべてを備えている。パパラッチも近づけないし、そこがきっと一番のぜいたくだろう」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。