15.06.10(Wed)

ケイト・モス、飛行機の外に連れ出したパイロットを猛烈批判?

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ケイト・モス

 スーパーモデルのケイト・モス(Kate Moss)が、自分を機外に連れ出したパイロットを「根っからのビ*チ」と痛烈に批判したと伝えられた。

 ケイトは先週末、格安航空会社「easyJet」の飛行機に搭乗中に騒ぎを起こしたと伝えられた。他の乗客によると、ケイトはウォッカをがぶ飲みし、ロンドンのルートン空港に戻る機上で迷惑行為をしていたという。

 ケイトは友人のサディ・フロスト(Sadie Frost, 49)の誕生日の前祝いのためトルコのボドルムを訪れ、ロンドンに戻るために飛行機に乗り込んだ。しかし機内でアルコールを断られると、自分の酒を取り出したと別の乗客が話している。

 「彼女がパイロットを『根っからのビ*チ』だと騒いだため、警官に機外へ連れ出された。少し酔っていて、アルコールを断られると、持ち込み手荷物から自分のウォッカを取り出して飲み始め、他の乗客と口論になっていた」とこの乗客は英The Daily Mail紙に語っている。「でも彼女は誰かに乱暴したわけでもなく、むしろ面白かった。easyJetのクルーは大げさな対応をした」

 ケイトの親友でデザイナーのマーク・ジェイコブス(Marc Jacobs)は先日、ケイトとローマでふざける動画を投稿しており、この中で2人は2012年にYouTubeで話題になった「Calling All the Basic B***hes」というタイトルの動画を引用している。

 この乗客によると、さらに別の乗客はケイトに一層いら立っていたらしいが、何が問題だったのかは分からなかったようだ。

 「飛行機から降りると、ケイトと友人たちは警官の隣に立っていて、別の乗客は離れたところで別の警官と話していた。この女性は荷物受け取りエリアでも他の人たちにケイトの文句を言っていた。ケイトと友人たちはそれから荷物受け取りエリアに移動した」

 「機内では他の人たちとは関わろうとしなかったけど、隣にいた家族とおしゃべりもしていたみたいだった。小さな女の子と美容師ごっこもしていたようだった」と乗客はつけ加えた。

 機内から連れ出された乗客の搭乗を禁ずるというeasyJetの指針にのっとれば、ケイトは二度と同社のフライトを利用できない可能性がある。

 しかし同社の広報は、そうした措置をとるかどうかについて明言を避けている。

 「迷惑行為をする乗客の搭乗を拒否することは確かにありえますが、ケースバイケースで判断しています。個別のケースについて詳細は言えません」

 「私たちはすべての乗客に区別なく、等しくサービスを提供しています」と広報担当者は英The Mirror紙に語っている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。