15.06.04(Thu)

リサ・クドロー、「フレンズ」復活に及び腰?

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

リサ・クドロー

 90年代の米人気TVドラマ「フレンズ」で知られる女優のリサ・クドロー(Lisa Kudrow, 51)は、「フレンズ」の復活にはあまり乗り気でないらしい。

 リサは1994年から2004年まで放映された同シリーズでフィービー役を演じて人気者となった。放送終了後も復活の噂と要望は絶えないが、リサはその実現をあまり望んでいないようだ。

 「マルタ(・カウフマン、Marta Kauffman)とデヴィッド(・クレーン、David Crane)でなくちゃムリよ。もし企画があるなら、あの2人が台本を書くべきだし、それに正直に言うと、2人とも忙しいわ」とリサは米Vulture誌で語り、共同クリエイター2人の名前を挙げた。「だから、いつ、どうやって(実現するのか)は分からない。それに、内容はどうするの? 更年期障害と中年の危機? そんなのあまり観たいと思わないわ」

 リサは放映終了後も、ジェニファー・アニストン(Jennifer Aniston)やコートニー・コックス(Courteney Cox)、デヴィッド・シュワイマー(David Schwimmer)、マシュー・ペリー(Matthew Perry)、マット・ルブラン(Matt LeBlanc)らキャスト仲間とある程度は連絡を取り合ってきた。しかし、キャスト仲間が全員で集まって交流することがないとはいえ、ドラマ復活のために集まれないことはないともつけ加えた。

 「私たち6人が集まってディナーに行くことさえできないのよ。やろうとしても、全員が同じ州に住んでいるわけでもないわ。もう仕事のスケジュールが同じじゃないの」とリサは説明した。「『待って、今度はいつ来るんだっけ?』みたいなことを、もう何度も繰り返してきたの。本当に大変。でもまだ集まろうとしていること自体はステキじゃない?」

 最近、「フレンズ」で演じた役について口を開いたのはリサだけではない。

 マットは英Shortlist誌とのインタビューで「フレンズ」時代を振り返り、演じていたジョーイの人生はその後どうなったかについて思いをはせた。

 「幸せだったらいいね。ハリウッドのどこかで、役者として稼いでいてほしい。そこでドラマが終わっているから」とマット。「ああ、きっとそうしているはずだよ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。