15.05.23(Sat)

マシュー・マコノヒー、『スパイダーマン』リブート作に出演?

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

マシュー・マコノヒー

 俳優のマシュー・マコノヒー(Matthew McConaughey, 45)が、『スパイダーマン』シリーズの製作陣から主役クラスでの出演を持ちかけられているようだ。

 複数のメディアによると、マシューはマーベル社から新『スパイダーマン』作品でグリーン・ゴブリン/ノーマン・オズボーン役として出演することを提案されているという。エンターテイメント情報サイト「PointofGeeks.com」が初めて伝えた。

 マシューは以前、コミック原作の映画への出演を除外しないと明かしたことがある。

 「マーベルとDCの脚本をいくつか読んだことはあって、そのうち数本に出演することを話し合ったこともある。公開されたどの作品だったのか、あるいは今後制作されるどの作品なのかは明かせない」とマシューは今年、米Variety誌とのインタビューで語っている。「ああ、いくつかは考えたことがあるよ。まだぴったりの作品はない。でもドアが開けられているのは確かだ」

 マシューはラブコメディ作品でブレイクし、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』やアカデミー賞(R)を受賞した『ダラス・バイヤーズクラブ』などでその演技力を高く評価された。Varietyとのインタビューでは、自分をシリーズものに出演する気にさせるには、相当ユニークなものでなければならないとも語っている。

 「とても単純なことさ」とマシューは話している。「まず脚本を読む。このチャンスを楽しめるか? 出演料はエキサイティングか? その通り。『この列車に飛び乗って、3、4、5とシリーズに出て、スーパーヒーローかアンチヒーローとして楽しめる』可能性があるかどうかを考える。でもこうした企画を考えるときは、『成功というものは、この列車にしばらく乗り続けることを意味する』ということも忘れちゃダメだ」

 「契約により、同じキャラクターを何度も演じなくちゃならない。繰り返し演じたいと思えるものかどうかを自問する。同じキャラクターをまた演じることに興奮を覚えるか? 同じキャスト仲間とプレスツアーに行けるか? こんな自問自答を繰り返している。それはストーリーとキャラクターで始まるんだ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。