• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • 「1D」、ビルボード・アワードの授賞スピーチで脱退したゼイン・マリクを「兄弟」とエール!

15.05.21(Thu)

「1D」、ビルボード・アワードの授賞スピーチで脱退したゼイン・マリクを「兄弟」とエール!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ワン・ダイレクション

 17日に開催されたビルボード・ミュージック・アワードで2部門を受賞した英ボーイズバンド、ワン・ダイレクション(One Direction)が、授賞スピーチで先日脱退したゼイン・マリク(Zayn Malik, 22)を「兄弟」と呼び、壇上からエールを送った。

 ワン・ダイレクションは3月にゼインが脱退してメンバーが4人となり、現在はハリー・スタイルズ(Harry Styles)、リアム・ペイン(Liam Payne)、ルイ・トムリンソン(Louis Tomlinson)、ナイル・ホーラン(Niall Horan)で構成する。

 ゼインと残りのメンバー間の不和が噂される中、ワン・ダイレクションはビルボード・ミュージック・アワードでトップデュオ/グループ賞を受賞。しかしメンバーたちは授賞スピーチで彼に向けてエールを送った。

 「ナイルが言ったとおり、これはファンが受賞したものです」とリアムは観客に語りかけた。「でも、この賞を分かち合う人がもう1人います。それは僕らの兄弟、ゼインです」

 ゼインが「普通」の生活に戻りたいことを理由に脱退して以来、次に誰が抜けるのかをめぐって様々な憶測が広まっている。しかしルイは、誰1人として別の方向を向いているメンバーはいないと強調した。

 「僕らは解散しない。そうするには楽しすぎるからね!」と彼は米エンターテイメント情報番組「E! News」に笑顔で語った。「今はアルバムの制作中で、ツアーも控えているし、7月にはアメリカに来るんだ。楽しみだし、すべてうまくいっているよ」

 また、ハリーはワン・ダイレクションはファンを楽しませ続けるため、常に成長と進化を続けるともつけ加えた。

 ゼインは脱退後、ファンに見捨てたことを謝罪。しかし裏切られたと感じたのは、「ディレクショナーズ」として知られるファンだけではなかった。

 「みんな、最初は少し怒りを感じたし、驚きでもあった。ゼインが全体的に感じていた気持ちは雰囲気で伝わっていた。何となく分かったんだ。そして周囲もその様子を察していたと思う」とリアムは先日、トーク番組の司会者ジェームズ・コーデン(James Corden)に内心を明かした。「この仕事にはゼインが好きだった部分と、そうではなかった部分がある。そして仕事が好きになれないのなら、自分の心に従って、行きたいところに行けばいい…。最初はみんな怒っていたけど、その後は怒りよりも失望感に包まれた。彼が何をしようと、みんなは最高の幸運を祈っている。わだかまりはないよ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。