15.05.19(Tue)

ジョージ・クルーニー、トム・フォードの新作から降板!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ジョージ・クルーニー

 俳優のジョージ・クルーニー(George Clooney, 54)が、ファッションデザイナーのトム・フォード(Tom Ford)の監督第2作から降板した。

 トムは高く評価された2009年の『シングルマン』に続く『Nocturnal Animals(原題)』で監督業に復帰する。ジョージはプロデューサーを務めることになっていたが、業界通によると、ジョージは企画から手を引いたようだ。

 「ジョージが自身の制作会社スモークハウス・ピクチャーズを通じ、グラント・ヘスロヴ(Grant Heslov)と共にプロデュースすることになっていたため、フォードはカンヌにいる。しかし2人は数週間前、創作上の意見が対立し、クルーニーは参加を見送った」とある関係者が米The New York Post紙の付録雑誌「Page Six」に語っている。

 しかしジョージはトムと折り合いが悪いという報道に反論し、タイミングが合わなかっただけだと強調した。

 「仲たがいなんて全くない。スケジュールの問題だけだ。グラントと僕はこの企画をとても気に入っているし、トムはすばらしいと思っている。彼が必要なときに僕らが参加できなかっただけだ」とジョージは説明した。

 ジョージは最新作『トゥモローランド』のプロモーションで多忙な日々を送っている。先日は妻アマル(Amal)とその姪っ子のミア(Mia)も一緒にロサンゼルスプレミアに出席した。

 ジョージは先週、デヴィッド・レターマン(David Letterman)が司会を務める米深夜トーク番組「The Late Show」に出演。今月で同番組を降板するデヴィッドを止めようとして、自分と手錠でつなぐジョークを披露した。

 「あなたはどこにも行けないよ、デヴィッド・レターマン」とジョージは宣言した。

 「ジョージ、これはこないだの(独身生活に別れを告げる)バチェラーパーティーの続きかい?」とデヴィッドが聞き返した。

 「あなたはどこにも行けない」とジョージは繰り返し、デヴィッドはそれはジョージも同じことだと言い返した。

 「気まずい夜になりそうだ」とジョージが笑顔で語ると、デヴィッドは「いや、そうでもないんじゃないかな」と答えた。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。