15.05.08(Fri)

のどの出血に苦しむサム・スミス、さらにツアー日程をキャンセル

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

サム・スミス

 のどの出血に苦しむ英歌手のサム・スミス(Sam Smith, 22)が、アメリカの専門家のもとで回復に努めている。

 サムは先週、オーストラリアツアーを途中でキャンセルすることを発表したが、その後、日本とマニラでの公演もキャンセルすることを明かした。

 サムは医師から完全な休養をとって回復すべきだと注意されており、治療の状況について最新情報を明かした。

 「日本とマニラでの公演がこんなことになってしまい、本当に心が苦しい。今、オーストラリアを出国したところで、これからどんな対処ができるのかを確かめるためアメリカに向かっている…。ちくしょう、本当につらい」とサムは5日、Instagramに書き込んでいる。

 サムはFacebookに掲載した声明でコンサートの延期を表明。これまでの治療で良くはなっているものの、完治までは先が長いとも明かした。のどについては「深刻な問題」だからこそアメリカの医療チームの助力を得ることにしたと話している。

 現時点ではサムになぜこの問題が起きたのか明らかになっていないが、同じく英人気歌手のアデル(Adele)も同じ症状で苦しんだことがある。

 サムは心を落ち着けて治療に専念し、のどを休めている。先週末には心配する必要はないとファンを安心させ、早く良くなるために数日間声を発していないと明かした。

 「美しいファンのみんなに伝えたいのは、僕は大丈夫だということ。びっくりするほどリラックスしているし、電話もノートパソコンもないオーストラリアのとある場所にいて、もう3日もしゃべってないんだ」とサムはInstagramに書き込んでいる。「来週には歌えるように、回復に全力を尽くしているよ。こんなことになってしまったのが信じられないけど、自分の仕事がどれほど好きなのか、そしてステージにいないとき、みんなに会えなくてどれほどさみしいのかを再認識させてくれた」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。