• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • 足首を痛めたブリトニー・スピアーズ、ラスベガス2公演をキャンセル!

15.05.02(Sat)

足首を痛めたブリトニー・スピアーズ、ラスベガス2公演をキャンセル!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ブリトニー・スピアーズ

 ラスベガスで定期公演を開催中の人気歌手ブリトニー・スピアーズ(Britney Spears, 33)が、ショーの最中に足首を痛め、2公演をキャンセルしたことが分かった。

 ブリトニーは4月29日夜、プラネット・ハリウッド・リゾート&カジノで公演中の「ピース・オブ・ミー」でダンスパフォーマンス中に滑り、足首を痛めた。ヒット曲「(ユー・ドライヴ・ミー)クレイジー」を熱唱中にジャンプした際、着地に失敗し、左足首をくじいたのが原因だった。

 公開された動画では、ブリトニーが足首をつかみ、痛みで顔をしかめる様子が分かる。しかし2児の母でもあるブリトニーはプロ意識を発揮し、アクシデント後もステージをやり通した。

 ブリトニーはケガをした後、大丈夫だとツイートしてファンを安心させた。

 「温かい励ましの言葉をありがとう」とブリトニーはTwitterでファンに語りかけた。「今夜のステージで、足首がちょっとヒヤッとしたけど、私は大丈夫!」

 しかしその後、ブリトニーは1日と2日の公演をキャンセルし、ケガの回復に努めると発表された。プラネット・ハリウッドとライブ・ネーションとの共同声明で、ブリトニーは「チケット購入者にいかなる形でも不便を強いることを謝罪」した。

 ブリトニーがエネルギッシュなダンスパフォーマンスでケガをしたのはこれが初めてではない。

 2004年には「オニキス・ホテル」ツアー中、ステージでヒザをケガしたことがある。またその数ヶ月後にも脚を痛め、その後の公演をキャンセルした。

 ブリトニーはプラネット・ハリウッド内にある劇場「ザ・アクシス」で2013年12月からソールドアウト公演を続けており、1ステージ毎に31万ドル(約3,710万円)を稼いでいるとみられている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。