15.04.21(Tue)

婚約中のコートニー・コックス、家族を増やすため養子縁組を検討中?

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

コートニー・コックス

 米TVシリーズ「フレンズ」などで知られる女優のコートニー・コックス(Courteney Cox, 50)は、家族を増やすには養子が完ぺきな方法だと考えているようだ。

 コートニーは昨年、ロックバンド、スノウ・パトロール(Snow Patrol)のジョニー・マクダイド(Johnny McDaid)と婚約。近く結婚式を挙げるとみられている。

 コートニーは元夫で俳優のデヴィッド・アークェット(David Arquette)との間に娘のココ(Coco, 10)ちゃんをもうけているが、ジョニーとの子どももほしいと思っているようだ。2人はすでに養子縁組あっせん業者と契約を交わしていると報じるメディアもある。

 「コートニーとジョニーは、養子縁組を家族を増やす完ぺきな方法だと考えていて、子どもに温かい家庭を与えるのは善い行いだとも思っている」とある事情通は英Closer誌に語っている。

 コートニーはココちゃんを体外受精治療で授かっており、2人目の子どもがほしいとも公言してきた。2008年には妊活が「うまくいかなければ」養子縁組を検討するとインタビューで語ったこともあり、ジョニーも彼女と同じ夢を持っているようだ。

 「正式に養子を受け入れられるのはまだまだ先の話だが、コートニーは再び母親になる日を待ち望んでいる」と事情通がつけ加えた。「テンションが上がるあまり、マリブの海岸沿いにある自宅に子ども部屋を作るプランもあるほどだ」

 また、コートニーとジョニーは生活に落ち着きが感じられないため、新しい家族を必要としているのではと伝えるメディアもある。コートニーはロサンゼルスで大半の時間をすごしているが、ジョニーの家族は全員がアイルランド在住で、彼は母国での挙式を望んでいるという。クリスマスを祝うためアメリカに来てもらったことがあるため、結婚式のために再び大西洋を渡ってもらうのは不公平だと感じているようだ。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。