15.04.18(Sat)

ケイト・ウィンスレット、ジッパーのあるドレスはもうこりごり!?

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ケイト・ウィンスレット

知的なファッションセンスにも定評のある英実力派女優のケイト・ウィンスレット(Kate Winslet、39)。レッドカーペットでは、自分に合ったエレガントで賢い着こなしをいつも見せてくれるケイトだが、そんな彼女が、もう着ることをやめることにしたスタイルがひとつあるという。

「ある大人の誕生日パーティに出かけることになったの。自分も機嫌は良くて、着て行くことにしたのは、上からでも下からでもジッパーで脱げるようになっているドレス。家で着る時には、夫のニック(ロックンロールNick Rocknroll)が手伝ってくれてね、その時はまったく問題なし。それで、パーティに行って、夕食テーブルにみなで移動する段になって、トイレに行きたくなったの。それでニックに、『先に行っていて。後で戻ってくるから』と言い残して、自分はトイレに入ったのよ」と、ケイトはvogue.co.ukに対して振り返った。

「それで、ドレスを下からジッパーを使ってゆるめて、座ってお小水を済ませたの。ここまでは問題なし。ところが、また立ち上がってドレスのジッパーを引きあげようとしたら、なんとジッパーが取れちゃって、自分の手の中にあるじゃない!そのドレスは、あらゆる方向に開く造りだから、こうなると自分は、下着にロジェ・ヴィヴィエ(Roger Vivier)のハイヒールという恰好の上に、何やら黒いマントみたいなものを巻いているだけになってしまった。鏡の中の自分を見て、ケラケラ笑うしかなかった。ジッパー付きのドレスはレッドカーペットでは機内にしようとその時心に決めたわ」

新作出演映画『A Little Chaos(原題)』(日本では年内公開の見込み)では、フランスのルイ14世王からベルサイユ宮殿の噴水をデザインする仕事を依頼される女性造園家サビーヌを演じているケイト。同映画では当時の華やかな衣装が数多く登場するが、撮影中に息子のベアー(Bear)君を妊娠中だったために今回の映画では、ケイトは自分の衣装を着るのに苦労したという。

「ひとつ言えるのは、妊娠中にコルセットを着るのは、とんでもなく大変ということ。とにかく、乳房がおとなしくしてくれないのよ。だって、あるのだもの、しょうがないじゃない!妊娠が進んで、胸がさらにだんだん膨らんで来て、もうコルセットの下に押さえつけるのは無理になって、腋の下にずらして誤魔化ぐらいしかもう手がなくなるのよ。とにかく、とんでもなかったわ」と、ケイトは英The Telegraph紙に対して笑いながら語った。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。