• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • 別居中のラッセル・クロウ、「厳密に言うと」まだ結婚中と復縁に望み?

15.04.17(Fri)

別居中のラッセル・クロウ、「厳密に言うと」まだ結婚中と復縁に望み?

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ラッセル・クロウ

 『グラディエーター』などで知られる豪俳優のラッセル・クロウ(Russell Crowe, 51)は、まだ結婚をあきらめていないようだ。

 ラッセルは2012年、9年間連れ添った妻でシンガーソングライターのダニエル・スペンサー(Danielle Spencer, 45)と別居。それでも2人は友好的な関係を保ち、離婚申請に踏み切る様子はない。しかしラッセルはこの状況に満足しているようだ。

 「厳密に言えば、オレたちはまだ結婚している。別居して、それが何を意味するのか話し合っているんだ」とラッセルは豪ニュースサイト「news.com.au」で語った。

 ラッセルとダニエルは1989年から破局と復縁を繰り返す不安定な交際を続けてきた。1990年には映画『ザ・クロッシング』で共演も果たしている。

 2人は2003年4月にようやく結婚し、長男チャールズ(Charles,11)君と次男テニソン(Tennyson, 8)君の2男にめぐまれた。子どもたちのためにも友好的な関係を維持しており、ダニエルはラッセルとの今後の関係が、離婚した自分の両親のと同じになればと願っているようだ。

 「とても良い模範になっているわ。自分でもそんな関係になれたらと思う」とダニエルは最近、英Daily Telegraph紙に語っている。「母が不在だと、父と継父が一緒にフットボールの試合を観戦したり、他のことをしているわ。2人は親友同士なの」

 しかし、ラッセルは復縁に望みをつないでいるようだ。先日、英The Sunday Times紙とのインタビューで、ダニエルのことを今も忘れていないと胸の内を明かしている。

 「ダニエル・スペンサーのことは、1989年からずっと愛している。それが変わることはありえない。彼女を見つめて、『どうしてこんなことになったんだ?』と問いかけるのも、それが理由の1つだ」とラッセル。「彼女への気持ちは今も変わらないから、まだ折り合いがつけられずにいる。何か一つのことに心を決めたら一筋なんだ。これからどうなるかは誰にも分からない」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。