• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • 『アグリー・ベティ』のアメリカ・フェレーラ、9歳の時に性的暴行を受けていたことを告白

17.10.18(Wed)

『アグリー・ベティ』のアメリカ・フェレーラ、9歳の時に性的暴行を受けていたことを告白

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

『アグリー・ベティ』で知られるアメリカ・フェレーラ(33)が9歳の頃に性的暴行を受けていたことを明かした。今回ツイッターでその経験を打ち明けたアメリカは、その恥と罪悪感を背負って生きてきたこと、そしてその事件後、長年に渡って加害者と顔を合わせる辛さを味わったことを綴った。

「初めて性的暴行被害に遭ったのは9歳の時だった。誰にもそのことを話せず、大人の男性がそんなことをしたのには9歳の自分になんらかの責任があったのではないかと思い、恥と罪悪感をずっと背負って生きてきた。そしてそれから長年、その男と毎日のように顔を合わせなければいけなかった。彼は私に笑いかけ、手を振ってきたけど、私は急いで通り過ぎ去っていたものだった」「でも女性のみなさん、次世代の少女たちがこんなひどい経験をしなくて済むように、沈黙をやぶりましょう」

アメリカはアリッサ・ミラノが過去にセクハラや暴行の被害を受けたことのある人に「私も」と投稿することを呼びかけたキャンペーンを受け、当初は「私も#MeToo」とだけ投稿していたものの、それから5時間後に自身の経験に関する詳細をツイートした。

最近ハリウッド界に浮上したハーヴェイ・ワインスタインのセクハラ騒動を受けて立ち上げられたこのキャンペーンにはレディー・ガガやガブリエル・ユニオン、エヴァン・レイチェル・ウッドがすでに賛同している。

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。