• GLAM TOP >
  • GIRL>
  • CELEBRITY NEWS>
  • ブレイク・ライブリー、メイクアップアーティストからセクハラを受けた

17.10.14(Sat)

ブレイク・ライブリー、メイクアップアーティストからセクハラを受けた

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

ブレイク・ライブリー(30)がメイクアップアーティストからセクハラを受けたことがあると告白した。ハーヴェイ・ワインスタインのセクハラ騒動が話題となっているハリウッドだが、ブレイクは名前こそ公開しないものの有名なメイクアップアーティストから不適切な発言をされ、自身が眠っている様子を動画に撮られた経験があるとロサンゼルス・タイムス紙に明かした。「彼は自分の指で私にリップスティックを塗るって言い張って、不適切なことを言ってきたの」「それに私がある晩、撮影現場で眠っていたら、起きた時にその人が私を撮影していたの。私は服を着ていたけど、のぞき見行為だわ。恐ろしいことよ」

その件についてプロデューサー陣に伝えたブレイクだったが、真面目に捉えてもらえず、その代わりに自身の飼い犬が現場でフンをしたことを叱られたと当時を振り返っている。「プロデューサー達は『(現場でフンをするなんて)とても真剣な問題で二度と起こってはいけないことだ』って言ってきたのよ」

あきらめきれなかったブレイクは何かしら行動を起こせることを願って弁護士と面会し、調査の結果そのメイクアップアーティストはその作品から外されるに至ったという。それでも作品の製作マネージャーは同メイクアップアーティストに有利になるような推薦状を書いたとブレイクは続けている。「ユニットプロダクションのマネージャーが彼に推薦状を書いてあげたの。誰もわだかまりは残したくなかったから」

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。