17.03.07(Tue)

欧米で大人気 Artisのブラシが期間限定で日本初上陸!

Nicole

Nicole ビューティブロガー

国内外のコスメや海外でのビューティ関連のトレンドなどを紹介するブログBeau Tea Timeと、日本のコスメと美容情報を紹介するブログThe Beauty Maniac in Tokyoを運営。

歯ブラシ型のメイクブラシをご覧になったことはありますか?昔から存在していた形のブラシなのですが、2016年に突如大ブームとなり、海外のビューティブロガーやYouTuberがこぞって絶賛していたもの。その火付け役となったのが、アメリカのメイクアップブラシブランド Artis(アーティス)。クラシックでありながらモダンな要素を取り入れたシンプルなパッケージ、計算され尽くした毛足、そしてこのブラシで仕上げたメイクの美しさ、一度使い始めたら今までのブラシには戻れないという中毒性が話題となりました。

そんなArtisが、3月8日(水)〜13日(月)まで新宿伊勢丹で行われるIsetan Makeup Partyで日本に上陸するというから見逃せません!今日はブランド上陸に先駆けて、Artisのブラシの魅力をお伝えしたいと思います◎

Artisのブラシは、どれも人工毛で出来ています。それは人口の10%以上が動物や動物の毛にアレルギーがあるという研究結果に基づき、体質に関係なく使えるブラシをと開発されたことが背景にあります。また、動物を傷つけずに作られているため、ベジタリアンやヴィーガンの方でも安心して使えます。

更にこの人工毛は形状記憶という特性を持っているため、保管状態によって毛が折れてしまった!なんていうこともなし。万が一変な癖が付いてしまっても、お湯に浸ければ元通りになるのだそうです。

Linear 1
アイライナーやアイブロウ、リップラインなどの細かい部分に適しているのが、Linear 1というこちらのブラシ。一般的なブラシに慣れていると、一体どうやって使ったら良いの!?と一瞬考えてしまうような形ですが、慣れるととても使いやすいのです。

アイメイクに・・・締め色のアイシャドウを取ってまつ毛の隙間を埋めたり、下まぶたにアイシャドウをのせたり。私はまだ試していませんが、器用な人ならジェルライナーも引けてしまうかも?

アイブロウに・・・パウダーを取ってさっと眉をなぞれば、ナチュラルルックの出来上がり。

コンシーラーに・・・少量のコンシーラーを含ませて口角をなぞれば、唇がきゅっと引き締まって若々しい印象に。また、小鼻や眉毛の下など、細かい部分にコンシーラーを塗布するのに重宝します。

Oval 3
更に幅広い使い方が出来るブラシが、こちらのOval 3。Linearシリーズよりも幅広で丸っこく、広い範囲をカバーすることが出来るのが特徴です。マルチに使える万能ブラシなので、これ1個あるととても便利です。

アイメイクに・・・まぶたにピッタリフィットするちょうど良いサイズなので、アイシャドウを塗布するのに重宝するブラシです。ベースカラーを含ませてさっとまぶたを撫でるだけで、アイシャドウがふんわりと発色します。ブレンディングブラシよりも狙ったところに色をのせられるのに、フラットブラシほど直球すぎない、絶妙な仕上がりです。

コンシーラーに・・・目の下のコンシーラーをぼかすのに適しています。ブラシの後ろ側の部分(私は頭、と呼んでいますが)を人差し指で支えながらくるくると円を描くようにすると、しっかり安定します。

ベースメイクに・・・大きすぎず、小さすぎず…程良いサイズ感なので、頬や鼻にハイライターを塗布したり、鼻筋のシェーディングにもとても便利です。

Oval 6
こちらはベースメイクに便利なサイズのOval 6。Ovalシリーズは1から10まであるので、ちょうど中間くらいの大きさのものです。使いはじめて以来、これ以外のブラシでファンデーションを伸ばそうという気がなくなってしまったほど、とても気に入っているブラシ。ファンデーションを伸ばしたときに筋っぽくならず、一瞬で馴染むから不思議なのです。どんなファンデーションを使っても、そのファンデーションの長所を活かしてくれるような。ブラシだけでこんなに仕上がりに違いが出るのか!と思わされます。

ファンデーションに・・・リキッドファンデーションを馴染ませるのにとても重宝します。ファンデーションブラシとしては少し小さめかな?と思ったのですが、だからこそ小回りが利いて小鼻や眉間など、大きいブラシでは逃してしまいがちな細かい部分までしっかりファンデーションを塗布することが出来ます。

チークに・・・クリームでもパウダーでも。くるくるっと馴染ませるだけで境界線のないふんわりチークが完成。

お顔に立体感をプラス・・・頬のシェーディングや、ハイライターを馴染ませるのに便利です。Oval 3よりも広範囲に伸ばすことが出来るので、特にシェーディングには適していますね。

Palm Brush
こちらはPalm(手のひら)にすっぽり収まる、ちょっと大きめのブラシ。何十万本もの毛足がぎっしり埋め込まれたブラシは、とにかく密度がすごい!それでいて全くチクチク感がなく、ふわっとスポンジのように柔らかい肌触りが特徴。

この密度、すごいですよね。見た目はたわしっぽいですが、肌触りはふかふか。ファンデーションやコンシーラー、チーク、ブロンザー、ハイライター…大きいからこそ何でも出来ちゃう万能ブラシです。まさに、大は小を兼ねる!細かい部分はOval 3やOval 6が便利ですが、とにかく素早く馴染ませることが出来るので、時短メイクにはこのPalm Brushが活躍してくれます。

また、ボディメイクにも適しているようなので、例えば脚やデコルテにブロンザーやボディシマーなどを伸ばすときにも役立ちそうですね。

Brush Cleaning Starter Set
Artisのブラシは、どれも毛の密度が非常に高いので、一度濡らしてしまうと乾くのに丸1日、もしくは1日半ほどかかってしまいます。そのため、軽い汚れはこのクレンジングパッドで落とすのがお勧めです。Artisのブラシはその毛の密度の高さから、アイシャドウやファンデーションなど使ったものがブラシの根本まで行き渡ることはほぼなく、大体が毛先についている状態です。そのため、毛先を毎日綺麗にしてあげることで、さほど頻繁に洗う必要はないようです。もちろん、バクテリアが繁殖しないよう気を配る必要はありますが。

このクレンジングパッドは、マイクロファイバークロスで覆われていて、このパッドの上でブラシをくるくるっと円を描くようにするだけで、アイシャドウやパウダーなどであればすぐに汚れが落ちてしまうのです。疑いつつ試してみたところ、濃い色のアイシャドウもくるくるっとするだけで即綺麗に落ちてしまったので驚き!水で洗う回数が減ることでブラシを留めてある糊が弱くなってしまうのも防げますね。

ファンデーションなどの油汚れは、流石にクロスだけでは落ちないので、クレンジングフォームを使って。パッドに少量のクレンザーを出して、その上でまた円を描くように洗うだけで、頑固なファンデーションもスッキリ落ちてしまいます。別売りのクロスもあるので、汚れたらこまめに交換して。

いつものブラシと少し違った使い心地のArtisのブラシは、慣れるまでは少し不思議な感覚ですが、一度使い始めると本当に癖になって、毎日こればかりに自然と手が伸びてしまうのです。Isetan Makeup Partyでは日本人の販売員さんが店頭で紹介してくださるそうなので、気になっている方は是非立ち寄ってみて!

Artis
https://www.artisbrush.com

Isetan Makeup Party
http://www.isetanguide.com/20170308/makeup/index.html
3月8日〜13日 本館7階 催場会場
お問い合わせ:03−3352−1111