• GLAM TOP >
  • BEAUTY>
  • MAKE UP>
  • 欧米で大人気!ABH Modern Renaissance Paletteで創る、夏の鮮やかメイク

17.07.25(Tue)

欧米で大人気!ABH Modern Renaissance Paletteで創る、夏の鮮やかメイク

Nicole

Nicole ビューティブロガー

国内外のコスメや海外でのビューティ関連のトレンドなどを紹介するブログBeau Tea Timeと、日本のコスメと美容情報を紹介するブログThe Beauty Maniac in Tokyoを運営。

「Anastasia Beverly Hills(アナスタシア・ビバリーヒルズ)※以下ABH」 というブランドを耳にしたことはありますか?その名の通り、スパリストであったアナスタシアさんによって、ビバリーヒルズで創設されたブランドですが、もともとはアイブロウトリートメントを専門としていました。美容だけでなく、建築や美術、解剖学などを取り入れ導き出される黄金比率を「アナスタシア・メソッド」と呼び、その人に合った眉のアーチを作り出してくれるのだそう。

ABHのオリジナル商品は、海外では大手百貨店やSephoraなどで販売されており、中でも「ディップブロウポマード」というアイブロウジェルや、Wエンドタイプの「ブロウペンシル」は根強く高い人気を誇る商品。日本でも表参道の路面店をはじめ、全国で30店舗近いサロン展開をしていて、店舗では商品群が限定されますが、オリジナルコスメの一部を購入することも可能です。

そんなABHから昨年の夏に発売となった、Modern Renaissance Palette(モダンルネッサンスパレット)は、発売直後にあちこちで売り切れが続出し、再入荷までかなりの時間を要した大人気のパレット。その名の通り、ルネッサンス時代の絵画にインスパイアされたカラーをテーマとしたパレットで、14色中12色がマットカラー。

パッと見、かなり華やかな印象だったので、私には使いこなせないのでは…?と、気になりながらも購入には至らなかったのですが、今年の春に我慢できずにSephoraのウェブサイトで購入してしまったもの。そしてそれ以来、毎日のように愛用している、数ある手持ちのパレットの中でも一番気に入っているパレットなのです。

私は、日本のブランドのアイシャドウパレットを購入することはほとんどないのですが、大きな理由がマットカラーが少ないということ。恐らく日本では横割りメイクと言う、まぶたの幅に並行にグラデーションをつくっていく手法が主流で、マットカラーがなくともメイクが成り立つのですが、海外では目尻に向かって色味が濃くなっていく縦割りメイクが主流で、アイホールのくぼみを創り上げるためにマットカラーが必須である、ということが関係しているのではないかと。プチプラにしても、ハイエンドにしても、日本のアイシャドウパレットはラメ感こそキレイなものの、縦割りメイクが好きな私にはちょっと使いづらかったのです。

その点、マットカラーが12色も入っているこのパレットなら、どんなメイクでも簡単に仕上げられてしまうから便利です。マットなアイシャドウと聞くと、ぼかしづらいとか、ムラになりやすい…というイメージがあったのですが、Modern Renaissance Paletteはお肌に溶けるように色が馴染むので、どんなに雑に付けたとしても、綺麗なグラデーションが出来るのです。

指で触れるとバターのように滑らかで、ブラシに含ませるとふわっとパウダーが広がるほど柔らかいアイシャドウ。だからこそ、少量で驚くほど鮮やかに発色し、ブラシで軽く馴染ませるだけですっとお肌に溶け込むのです。シマーカラー2色も、ラメがギラギラしているタイプではなく、光を反射してまぶたに濡れたような艶感を与えてくれるタイプ。

14色もあるので、創り出せるメイクパターンは無限大!仕事の日はベージュ系でコンサバにまとめたり、休みの日は思いっきりピンクを楽しんだり、ペールカラーのみであっさり仕上げたり…とお気に入りの組み合わせも沢山あるのですが、今日はその中から夏にピッタリのルックを2種ご紹介します。

LOOK1
サンドベージュやオレンジを何色も重ねたオレンジメイク。アースカラーのファッションにも相性の良いオレンジメイクは、目尻と目頭は濃く、目の中央はシマーゴールドをのせて明るく立体的に。あえてアイラインはまつ毛のキワをブラウンのペンシルでなぞる程度にしてみました。

LOOK2
こちらは最近ハマっているピンクメイク!目尻の部分に紫味のあるピンクをしっかり入れた、休日にぴったりのメイクです。この日はピンクを濃く入れていますが、量を調節するともっと透明感のあるナチュラルな仕上がりに。

 

夏に可愛いビタミンカラーのメイク!私もやってみようかな?という方は是非動画を参考にしていただけると嬉しいです。

ちなみに、動画で使用しているのは全てSigmaのアイシャドウブラシ。先日コチラでご紹介したUltimate Copper Eye Brush Setを使用しました。用途に合わせてブラシを数種使い分けていますが、どれも楽々ブレンド出来るし、毛足が広がりすぎていないので、狙った箇所をぼかしたり、アイシャドウをのせたり出来る点がとても便利です。

残念ながらこのパレットは日本のABHサロンでは購入できないのですが、Sephoraのウェブサイトから購入が可能です。また、本日7月25日にはABHから新しいアイシャドウパレット「Subculture Palette(サブカルチャーパレット)」が発売に!こちらは暖色系のカラーがメインだったModern Renaissance Paletteと対象的に、ブルーやイエローなどの寒色カラーがメインのパレット。発売前から話題沸騰中で、私も購入するのが楽しみです。

 

Anastasia Beverly Hills
公式サイト
Modern Renaissance Palette 購入(Sephora)