16.06.02(Thu)

この夏、艶ベースアイテムが欠かせない!

Nicole

Nicole ビューティブロガー

国内外のコスメや海外でのビューティ関連のトレンドなどを紹介するブログBeau Tea Timeと、日本のコスメと美容情報を紹介するブログThe Beauty Maniac in Tokyoを運営。

P1310081

ベースメイクは、顔全体の雰囲気を大きく印象づける、メイクの中でも特に重要な部分。マットなお肌はフォーマル感や大人っぽさを、艶肌はヘルシーさや若々しさを印象づけますよね。コンビネーションスキン且つ頬の毛穴が目立ちがちな私は、セミマットなお肌に仕上げることがほとんどなのですが、今年の夏はちょっと違う。最近愛用している商品を並べてみたら、どれも艶感があるものばかり。どうやら、今年の夏は艶肌が気分のようです。そこで今日は、私が今愛用している艶肌アイテムをご紹介します。

オイリー&コンビネーションスキンの方でも使える、艶肌系ファンデーションといえば、Bobbi Brownのインテンシブスキンセラムファンデーション。ラベンダーの香りに癒やされながら、みずみずしい質感のファンデーションをお肌にのばすと、瞬時に毛穴や凹凸をカバーしながら健康的な艶を与えてくれるのです。厚塗り感は皆無で、まるで「起きたときからこんな肌でした」みたいなナチュラルさが素晴らしいのです。

P1310091

ファンデーションの上に重ねるパウダーも、今年の夏は艶感のあるものを。HourglassのAmbient Lighting Paletteは、海外で爆発的な人気を誇るフェイスパウダーの3色セット。日本からはSephoraのウェブサイトで購入できます。

光を反射するタイプのパウダーは、毛穴やお肌の凹凸を目立たせてしまいがちですが、このパウダーは別格。一番左のDim Lightは、ソフトフォーカスがかかったかのようなお肌に仕上げてくれるパウダー。シマー入りなのに、お肌がギラギラしない点が素晴らしい!真ん中のIncandescent Lightは頬骨、鼻筋などにさっとのせるだけで顔を立体的に見せてくれるハイライター。一番右Radiant Lightはお肌にほんのりと健康的な色をプラスしてくれるパウダー。私は耳横〜頬骨に沿ってぼかし、ブロンザーとして使っています。

3色をフルに使うと、私の肌ってこんなに綺麗だったっけ?と思うほど、滑らかで立体感のある仕上がり。不自然なサイバー感は一切ない、とても自然な艶感です。

P1310094

大人気のrms beauty のルミナイザーも、今年の夏欠かせない商品。初めて使ったときは、こんなハイライター今まで出会ったことなかった!と衝撃を受けたほど。色やシマー感を与えて艶を出すのではなくて、シンプルに光を反射することでお肌に自然な艶を与えるという新しいハイライターは、さり気ないので初心者さんにも安心。少量を頬骨、鼻筋、眉下、唇の山などにぼかすだけで、いつものメイクが一気に垢抜けます。

メイクはシンプルに済ませたい、という方は、チークに艶感があるものを選んで。私が去年から愛用しているのは、Max Factor Cream Puff Blushの Nude Mauve。残念ながら日本では販売されていない商品ですが、イギリスの女の子たちの間で人気の商品です。適度なシマー感があり、お肌にのせると毛穴をカバーしながら自然な血色を与えてくれるチーク。これを付けるだけで、お肌全体が綺麗に見えるから不思議。シマー感があるので、立体感と艶感を一気に手に入れられる、時短メイクにもぴったりな商品です。

一度艶肌メイクを始めると、セミマットなお肌ではつまらなく感じてしまうほど。ここ数ヶ月間は完全に艶肌に夢中です。今年の夏は、ラメのキラキラ感とも違う、上品な艶をプラスしたメイクに挑戦してみて!