• GLAM TOP >
  • BEAUTY>
  • MAKE UP>
  • メイクアップブラシのケア、どうしてる?お手入れを楽しくするアイテム2選!

16.03.08(Tue)

メイクアップブラシのケア、どうしてる?お手入れを楽しくするアイテム2選!

Nicole

Nicole ビューティブロガー

国内外のコスメや海外でのビューティ関連のトレンドなどを紹介するブログBeau Tea Timeと、日本のコスメと美容情報を紹介するブログThe Beauty Maniac in Tokyoを運営。

02

先日、おすすめのメイクアップブラシをご紹介しました。その後、ブラシを新調された方もいらっしゃるでしょうか。新しいメイクアップブラシって、ワクワクしますよね。でもお手入れはどうしたら良いの?良質なブラシを長持ちさせるコツは?と疑問符でいっぱいの方のために、今日はブラシのお手入れについてご紹介します。

メイクアップブラシのお手入れは、動物毛かナイロン毛かによっても異なります。最近は動物愛護、アレルギー、傷みやすさなどのマイナス面から、動物毛よりナイロンのブラシの方が人気が高いようですね。動物毛は専用のクレンザーの他、シャンプー&コンディショナーで仕上げるという方も多いようですが、私自身はナイロン毛のブラシしか持っていないので未経験。そのため、今日ご紹介するのは、ナイロン毛のブラシをお持ちの方に参考にしていただければと思います。

さて、メイクアップブラシはどれくらいの頻度で洗うべきなのでしょう。いつまでもブラシを洗わずに使っていると、色が混ざってしまう、メイクのノリが悪くなるなどの不便さだけでなく、雑菌が繁殖することでニキビや肌荒れなどのトラブルの原因にもなりかねません。…と聞くと、出来るだけ頻繁に洗いたいですよね。でも、あまり頻繁に洗い過ぎるとブラシ自体が傷みやすくなってしまったり、ブラシの根本をまとめるために付いている糊が取れ、毛が抜けやすくなってしまうことも。そのため、私は日々のスポットクリーン、週末には水洗いをする、ということを習慣づけています。


03

スポットクリーンとは、同じブラシを数人のモデルに使うことがあるメイクアップアーティストがよく使うもので、汚れたブラシにエタノール入りのクレンザーをスプレーして、写真のようにティッシュの上でクルクルするだけで、アイシャドウやファンデーションなどの汚れが一瞬で綺麗に落ちるというもの。エタノールなので速乾性があり、すぐに同じブラシを使うことができるのがポイント。動物毛はアルコールに弱いため、この方法を続けているとブラシがすぐ傷んでしまいますが、ナイロンであればある程度強いので問題なく使えます。

私のお気に入りは、舞台メイクブランドCinema SecretsのProfessional Brush Cleaner。基本的には小さなカップにクレンザーを入れ、そこにブラシを浸けて使用するのですが、プロフェッショナルではない私たちが自宅で使用するには、スプレータイプのもので充分です。

例えばアイシャドウブラシを1本しか持っていないけど、違う色を使いたい!とか、チークとブロンザーを同じブラシで付けたい!とか。そんな時にも大活躍してくれます。石油とバニラが混ざったような香りは賛否両論ですが、私は気になりません。もう何本リピートしたか分からない商品。日本では楽天などで並行輸入されているのを見かけます。


01

こちらは、先日もブラシをご紹介したSigmaから発売された、Brush Cleaning Glove。リバーシブルになっていて、アイメイク用などの小さめのブラシ用と、ファンデーションブラシやパウダーブラシなどの大きめのブラシ用と使い分けることが出来ます。今まで手のひらにクレンザーをつけてクルクルとブラシを馴染ませていたのですが、ファンデーションなどの頑固な汚れは落ちづらく、2度洗いが必須でした。でも、このグローブだとこの凹凸が驚くほど素早く汚れを落としてくれるので、ブラシ洗いが本当に楽ちんになりました。ブラシの毛足を整えるセクション、洗うセクション、と分かれているのも面白い。1個持っているととても便利です。

ブラシを水洗いしたら、必ずブラシを下にして乾かすこと。柄を下にして乾かしてしまうと、先ほど触れた「糊」の部分に水分が染みこんでしまい、糊が取れやすくなってしまいます。私は輪ゴムで数本のブラシをまとめ、それを洗濯物干しのクリップに挟んで乾かしています。メイクアップブラシを乾かすためのスタンドも販売されているので、それを使ってみるのも良いですね。

また、水洗い時のクレンザーにはドクターブロナーのマジックソープがお勧め!私はスポンジもメイクアップブラシも、これ1本で洗っています。お手頃価格なのに油汚れが浮きやすく、ほのかに香りが残る点も◎。

毎週末、メイクアップブラシを1個1個洗うのはちょっと面倒に思うかもしれませんが、習慣化してしまえばなんてことはないんです。特にSigmaのグローブは、退屈な作業を速く、楽しくしてくれる素晴らしいアイテム!気になる方はぜひチェックしてみて。