• GLAM TOP >
  • LIFESTYLE>
  • NEWS>
  • ロエベがミラノサローネで新しいホームコレクションを発表!

17.04.11(Tue)

ロエベがミラノサローネで新しいホームコレクションを発表!

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

 

4月4日から9日に開催されたインテリアの祭典、ミラノサローネで、ロエベが新しいホームコレクション「LOEWE:THIS IS HOME」を発表しました。

さまざまな芸術様式からのインスピレーションとロエベが誇る技術、そして選ばれたクラフトパートナーの優れたノウハウを組み合わせデザインされた今回のコレクション。インテリアの新しい可能性を探り、素材、手工芸、技術、そして文化を融合させたアイディアを提案しています。

クリエイティブ ディレクターであるジョナサン・アンダーソンは「籐細工、スターモチーフ、英国の伝統的な木工業、ニットの壁飾りといった、さまざまに異なる情報のコラージュです。私は、多方面の職人たちを呼び集めることで新しい物理的な形をデザインし、工芸を応用することで、ファッションを家の中にどんどん展開していける、という考え方をしています。これこそがロエベの個性を生かす方法だと思います」と語っています。

ロエベのクラフツマンシップと、そのクリエイティブな世界観がいかんなく表現された特別なコレクションは、5月1日からロンドンのリバティを皮切りにヨーロッパで巡回展示されます。

【注目すべきはアブストラクトな壁飾りと、“マウスマン”とのコラボレーション】

 

注目を集めたのは、等身大の男性の裸像をウールで編みあげたアブストラクトな壁飾り。単体でも複数でも飾ることができ、さらにベンチなどに寝かせることで、また違った作品として見えてくる面白さがあります。

 

そしてもうひとつのハイライトが、アンダーソンがデザインし、英国・ヨークシャーの家具工房、ロバート“マウスマン”トンプソンが製造したオーク材の家具コレクション。製品すべてに署名代わりにネズミが彫られていることでも有名な工房です。その精密で不思議な世界は必見です!

そのほか、このスペシャルコレクションには、トリヨンレザーのランプシェードやメタルフレームに籐製パネルを合わせた椅子、スターモチーフを散りばめたウールカーペット、陶磁器にレザーのディテールをあしらったシリーズなども展開されています。

 

【ミラノサローネ出展記念の小物も登場!】

 

 

またミラノサローネへの出展を記念して、コレクションのスターモチーフで飾られたトートバッグとポーチのスモールラインも発表! 日本では10月上旬にローンチされる予定です。

 

お問い合わせ先:ロエベジャパン カスタマーサービス 03-6215-6116