• GLAM TOP >
  • Travel>
  • 温泉シーズン到来! グルメ&町歩きも楽しい城崎温泉の魅力を再発見。

17.09.28(Thu)

温泉シーズン到来! グルメ&町歩きも楽しい城崎温泉の魅力を再発見。

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

兵庫県・豊岡市にある城崎温泉をご存知ですか? 関東では少し馴染みが薄いですが、開湯1400年という長い歴史を誇る関西でも人気の温泉地で、年間100万人以上の観光客が訪れています。実はアクセスもさほど悪くなく、東京からならば羽田空港から約2時間(伊丹空港で乗り継ぎ)。大阪からであれば飛行機で約40分、京都・奈良からは列車または車で約2時間半で行けるので、関西方面に旅行した際のエクスカーションとしてもおすすめです。

城崎温泉がユニークなポイント5

1 町全体がひとつの旅館!
城崎温泉では「駅は玄関、道は廊下、宿は客室、土産屋は売店で、外湯は大浴場」という理念が掲げられています。なので、ホテルや旅館の中だけで飲食やレジャーを完結するのではなく、街をぶらぶらと散策するのが城崎温泉の醍醐味。日中も夜も、町歩きが楽しめるショップ&飲食店がたくさんあります。2「七つの外湯めぐり」でいろんな温泉を堪能
城崎温泉には「外湯(そとゆ)」と呼ばれる公衆浴場が7つあり、開運招福や良縁成就など浴場により異なるご利益が受けられるといいます。滞在先の浴場だけでなく、それぞれ歴史も風情も異なる外湯を巡る「外湯めぐり」は、ここでしかできない温泉の楽しみ方。1日パス「ゆめぱ」(大人1,200円)を購入すれば、外湯入り放題になるのでオススメです。

3 正装は「浴衣姿&下駄」。非日常気分にワクワク!
「浴衣が似合う温泉地」全国1位と称えられている城崎温泉では、浴衣と下駄が正装。なので、湯上がりにパリッと糊の効いた浴衣に袖を通したら、そのまま「外湯めぐり」や温泉街の散策に出かけてOKです。カランコロンと響く下駄の音が、しっとりとした風情溢れる町の景色とあいまって非日常気分をたっぷり味わえます。浴衣は各ホテルで貸し出されています。4 インスタ映えする! 風情ある町並み
温泉街の中心には柳の木や石造りの橋、桜並木に彩られた大谿川(おおたにがわ)が流れ、それを取り巻くようにして風情あふれる温泉旅館やショップが並んでいます。メインストリートは城崎温泉駅からロープウェイの入り口までの約1.2kmほど。徒歩で無理なく町を満喫できるのもうれしいポイントです。

5 季節ごとの楽しみが豊富
「木屋町通り」の川沿いにならぶ桜並木のライトアップや、夏に毎晩開催される花火大会、壮麗な秋のだんじり祭りや紅葉、真冬の雪景色など、いつ訪れても見所に事欠かない城崎温泉。中でも11月の松葉ガニ漁の解禁にあわせて開催される「かに王国」は、海に近い城崎温泉ならではのイベント。この時期は温泉とカニ料理が一度に楽しめるとあって多くの温泉ファンとグルメ愛好家たちで賑わいます。

城崎温泉のおすすめホテル「西村屋ホテル招月庭」

城崎温泉には老舗といわれる温泉宿がいくつかありますが、中でも150年余りの歴史を誇る「西村屋」はこの町の発展の中心的役割を果たした特別な存在です。その西村屋が運営する「西村屋ホテル招月庭」が和室客室「月の棟」の改装を終え、8月にリニューアルオープンしました! 情緒あふれる温泉街で洗練された滞在ができると注目を集めています。土壁や和紙を使った縁側の天井など、和の要素をふんだんに取り入れながらもモダンに仕上げた床の間、床脇のデザインは部屋ごとに異なるそう。窓の向こうには5万坪という広大な敷地の森林の緑を眺めることができ、温泉だけでなく風景でも心身を癒してくれます。ホテル内には露天風呂やミストサウナなどを備えた「月下の湯」のほか、貸切風呂「森のプラベートスパ」も。貸切風呂にはジャパニーズ、バリニーズ、チャイニーズとインテリアが異なる3つの部屋があり、岩盤浴がついているのでしっかり汗を流したい方にもおすすめです(料金別)。リラクゼーションサロン「風香」ではマッサージも受けられます。また、山と海の幸に恵まれたこの地方ならではの旬の味が堪能できるお料理も滞在のハイライトのひとつ。但馬牛や松葉ガニ、アワビなど四季折々の食材が料理長の卓越したセンスで美しく繊細な逸品として提供されます。同じく旬の地元食材をふんだんに味わえるイタリアンレストラン「Ricca」では、屋外プールの向こうに広大な庭を眺めながら食事ができます。さらに、ロビーフロアには新設されたセレクトショップ「さんぽう」も。但馬牛などの食品をはじめ、麦わら細工、豊岡カバン、出石焼といった伝統工芸品など、但馬らしい個性あふれる約600アイテムがモダンな空間に並びます。

西村屋ホテル招月庭
住所:兵庫県豊岡市城崎町湯島1016-2
電話番号:0796-32-3535
公式サイト

前述したように城崎温泉には四季折々の楽しみがありますが、特に松葉ガニがシーズンを迎える秋〜冬は「グルメ × 温泉」、雪が降れば「グルメ × 温泉 × 雪景色」と魅力がどんどん増していきます。見て癒されて、あたたまって心がほぐれ、味わって舌が喜ぶ城崎温泉 、ぜひ出かけてみてください! 特にホテルは秋風が吹き始めると満室になってしまうこともあるそうなので、早めのご予約がおすすめです。