16.08.19(Fri)

女が恋に堕ちるロマンティックな街、スロベニアのリュブリャナ

KANA

KANA トラベルフォトライター/エディター

1か国に1か月ずつ暮らす旅をするトラベルフォトライター。「お金のかからないオシャレ旅」を提案。地図片手に世界を歩き回り、ガイドブックには載っていないHOTな場所を記事やブログで発信。

glam_kana_160817_01

イタリアの東隣に位置する国、スロベニア。まだ日本では知名度が低いかもしれませんが、実はスロベニアの首都リュブリャナには、心のときめがとまらないかわいらしい世界が広がっているのです。女性ならきっとリュブリャナに惚れてしまうこと間違いなし。そんな知られざる魅惑の可憐な街へ。

Morning

リバーサイドカフェでモーニング

glam_kana_160817_02

glam_kana_160817_03

リュブリャナの街の中心を流れるリバー。そのリバーサイドを埋めつくように並ぶのは、パラソルが花開くおしゃれなカフェの数々。リバーサイドでのんびりモーニングなんて夢のよう。かわいい椅子に腰掛け、カフェラテを飲みながら川沿いの景色を見渡せば、メルヘンな街に朝から心がときめくはず。

glam_kana_160817_04

青空市場で、スロベニア伝統のそば粉パンやスロベニア産オリーブオイルを試すのも楽しいですよ。

Daytime

メルヘンなかわいい街を散策

glam_kana_160817_05

おしゃれな朝を楽しんだら早速町歩き。リュブリャナの旧市街の街並みのかわいさには誰もが驚くはず。 石畳の暖かみのある家々に、パステルカラーの可憐なカフェやレストラン。そこにはメルヘンな世界が広がっています。

glam_kana_160817_06

glam_kana_160817_07

レストランで地元の食材を活かした素朴で暖かみのあるスロベニア料理を楽しんだあと、 かわいいカフェ巡りをしてスロベニアスイーツを楽しむのはいかが? 日本ではなかなか食べることのできないスロベニア料理。私は帰国後もたまに頭に浮かんでくるほど、美食の数々に感動しました。

glam_kana_160817_08

老舗チョコレートやはちみつ屋、スロベニア特産のソーセージショップ、スロベニア伝統のレースのお店など、街をふらふら散策するだけでも楽しいひととき。

Aperitif Time

極上ワインと優美な夜景でロマンティックな一時

glam_kana_160817_09

glam_kana_160817_15

スロベニアの夏は日が暮れるのは21時頃。サマーシーズンは、毎日楽しい無料イベントの目白押し。広場で急にバレエや劇のショーが始まります。

glam_kana_160817_16

glam_kana_160817_12

暗くなり出すと、リバーサイドは昼間とは異なる、ロマンティックで優雅な雰囲気へと移り変わって行きます。ライトアップされたバロック様式の教会の美しい夜景を楽しみながら、女性好みのフルーティーなスロベニアワインで乾杯!

Night Life

上品なオープンバーで大人の夜遊び

glam_kana_160817_13

ミッドナイトに近づいていくと、リバーサイドカフェはバーやクラブに変身。 スロベニアの人々と同じように、グラマラスなワンピースにハイヒールでとびきりおしゃれしてナイトライフを楽しみます。

スロベニアは治安も良好。リュブリャナのメイン広場周辺は、深夜女性一人で歩いても問題ないのが嬉しいですね。

女性が恋に堕ちる街リュブリャナ

glam_kana_160817_14

それにしても、スロベニアは美男美女の多いこと。 想像していたよりずっとモダンでおしゃれな国でした。

女性ならメルヘンでロマンティックなリュブリャナに、街に着いた瞬間恋に堕ちるはず!世界の様々なお洒落な場所を巡ってきた私も、一瞬で虜になりました。ぜひ女性同士や、カップル、母娘旅 で訪れてみてください。

Srećno pot!(良い旅を!)

■旅フォトBLOGにリュブリャナのお洒落スポットを連載中↓
リュブリャナお洒落旅ガイド

*スロベニアへは、トルコ航空がおすすめ。イスタンブール経由でリュブリャナへ。ウェルカムスイーツで出迎えてくれる。エコノミークラスでも、お食事が美味しく、食器も高級感があるのでお洒落旅にぴったり。

◆世界を飛び回るトラベルライターKANAのお洒落旅BLOG
JETSET TRAVEL LIFE

◆Instagram @xxxkanaaaa (世界の街で切り取った写真を発信中)