16.07.28(Thu)

天国にいちばん近い島、ニューカレドニアのヴァカンス

KANA

KANA トラベルフォトライター/エディター

1か国に1か月ずつ暮らす旅をするトラベルフォトライター。「お金のかからないオシャレ旅」を提案。地図片手に世界を歩き回り、ガイドブックには載っていないHOTな場所を記事やブログで発信。

glam_kana_160727_1

「天国にいちばん近い島」。このキャッチフレーズを聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。

しかし、どの場所に存在するか知っていますか? 実は天国にいちばん近い島とは、ニューカレドニアという島のこと。 オセアニア圏にあり、オーストラリアの東、ニュージーランドの北にポツンと位置しています。

glam_kana_160727_2

このニューカレドニア、ちまたではハネムーンで行くような特別な場所、遠そう……などと認識されていることが多いようですが、それは誤解。

実際はエアカランの直行便でたったの九時間弱で訪れることができ、ラグジュアリーホテルも驚くほどリーズナブル。気軽に行ける、絶好のヴァカンス先だったのです。それでは、ニューカレドニアの知られざる魅力をご紹介します。

ため息が出るほど美しい海

glam_kana_160727_3

ニューカレドニアの一番の魅力は、何と言っても、エメラルドグリーンやコバルトブルーに輝く美しすぎる海。本土のビーチでも歓声が上がるほど美しいのですが、離島はさらに水の色が透き通り、 その美しさには誰もが息をのむはず。

フランス領だからおしゃれ

glam_kana_160727_4

ニューカレドニアはフランス領なので、公用語はフランス語。プチフランスとも呼ばれ、首都ヌメアのハーバーは、まるでモナコやニースみたい。カフェやレストラン、ブティックやショップなど、さすがフランス領!と言わんばかりに洗練されている場所が多く、フランスからの輸入品も多く見かけます。

天使の海老やフレンチが美味しい

glam_kana_160727_5

グルメももちろんフランスのエッセンスがミックス。カフェではガレットやシードル、ダイニングでは上品なお味のフレンチなど、フランス料理を楽しめるのが嬉しいですね。 バゲットなどパンも美味しく、フランスでは定番となりつつあるオーガニックの食材やスキンケアグッズも豊富です。

名産である、ぷりっぷりに身の詰まった「天使の海老」のフライやグリルもおすすめですよ。

ラグジュアリーホテルがリーズナブル

glam_kana_160727_6

ニューカレドニアは、ヴィラやコテージタイプのホテルが多く、プライベートな隠れおこもりステイにもぴったり。広いリビングルーム、バスルーム、バルコニーのついた最高ランクのホテルのヴィラでも、時期にもよりますが一泊三万程度とリーズナブル。 驚きのお値段で、自分の家のようにヴィラでのステイを楽しめます。

glam_kana_160727_7

Beautiful Beach Resort
New Caledonia

誰もが「想像以上に気軽に行けて、リーズナブルでびっくり! 」と驚きを隠せない様子のニューカレドニア。 気候に関しても、アジア特有のじめじめ感がなく、からっとしていて心地が良いのも嬉しいポイント。

次回は、エリア別におすすめのホテルや秘密の無人島をご紹介しますね。 Bon voyage!!

■フォトブログにて写真を一挙公開中!
NEW CALEDONIA -Le Meridien Noumea-

  ニューカレドニア観光局

◆世界を飛び回るトラベルライターKANAのお洒落旅BLOG
JETSET TRAVEL LIFE

◆Instagram @xxxkanaaaa (世界の街で切り取った写真を発信中)