15.12.08(Tue)

クロアチアバカンス7~レイヴパーティの聖地、ズルチェビーチへ~

KANA

KANA トラベルフォトライター/エディター

1か国に1か月ずつ暮らす旅をするトラベルフォトライター。「お金のかからないオシャレ旅」を提案。地図片手に世界を歩き回り、ガイドブックには載っていないHOTな場所を記事やブログで発信。

おしゃれでモダンなクロアチア旅。

パグ島市内を後にし着いたのは、レイヴパーティーのメッカ、ズルチェビーチ!


そう、クロアチアは実はパーティアイランド!国内の各島で連日ミュージックフェスが開催されているが、中でもズルチェビーチの盛り上がり度はトップクラス。ヨーロッパ各地から若者が集結し、一日中お祭り騒ぎなのだ!
(参照:クロアチアバカンス2~ボートパーティーを楽しみにティスノへ~)


昼間はビーチパーティー


image01_s.jpg


Image05 s


Image03 s


この日は「FRESH ISLAND」という大人気フェスが昼間~明け方まで一晩中開催されていた。


早速ビーチ沿いに立ち並ぶビーチクラブへ! 「Hey!」ってすぐさま声をかけられる。 昼間っからみんなで飲んで、踊って、騒いで。 恥じらってちゃもったいない!


ここでは誰でもすぐに打ち解けられる。パーティを楽しむ同士なのだから。心の底から楽しむのみ!


夕方~夜は深夜に備えて一休憩


Image08 s


フェスは夕方~22時頃までは一休み。その間に、人々はサンセットタイムを楽しんだり、ディナーを楽しむ。


もちろん、深夜から始まるパーティ本番に備えて体力温存も忘れずに。


Image07 s


Image00 s


ズルチェビーチから程近いノヴァリャに行けば、 美味しいクロアチア料理を堪能できるレストランがたくさん並んでいる。


「黒トリュフ入りのパスタは絶対食べなきゃよ!」
と、クロアチア在住の人に教えてもらった通り食べてみると…トリュフの風味豊かな味に、もう…感激!


ヨーロッパの食といえば、イタリアンやフレンチが筆頭に出るが、クロアチア料理やクロアチアワインは同じくらいに感動するほど美味しいのだ!


日本にもクロアチアワインが普及して欲しいと心から願う…。


Image02 s


夜ディナーを終え海沿いを歩いていると、なにやら道に人だかりが。ストリートダンスバトルが繰り広げられていた!


バーもカフェも、人々の陽気な話声で活気に満ち、 深夜に向けてだんだんと気分が高揚していく。


昼まで終わることのないレイヴパーティ


Image06 s


Image04 s


Image09 s


そしてやっと訪れた、深夜。0時頃になるとまたビーチクラブに続々と人が集まってくる。


ここまで来たらもう引き返すことはできない! 朝まで、いや昼前まで、ネオンの光がレーザーのように照り渡し、飲んで飲んで飲んで、踊って踊って、 もうなにも考えずわけがわからなくなるくらい思いっきり楽しむのみ!


これがクロアチアのフェスリゾートの楽しみ方なのだ! 🗾日本はナイトライフに消極的だと思う。ぜひクロアチアに行って、大人も存分に楽しめる本場のナイトライフを体感して欲しい。


次回はクロアチアのロマンティックな場所へお連れします。お楽しみに!



取材協力:クロアチア政府観光局トルコ航空
(*クロアチアへは、トルコ航空が便利。イスタンブール経由で渡航可能。ウェルカムスイーツで出迎えてくれる。)

◆世界を飛び回るトラベルライターKANAのお洒落旅BLOG
「HOTな海外オシャレ旅LIFE」

◆Instagram @xxxkanaaaa (世界の街で切り取った写真を発信中)