• GLAM TOP >
  • FASHION>
  • NEWS>
  • 二人ならオシャレ度二倍以上!メンズ・ファッションウィークで遭遇した「ジェンダーレスコーディネート」カップル

15.07.14(Tue)

二人ならオシャレ度二倍以上!メンズ・ファッションウィークで遭遇した「ジェンダーレスコーディネート」カップル

ELIE INOUE

ELIE INOUE Fashion Journalist

神戸の大学を卒業後、単身渡米。NYのファッション業界に携わり、雑誌のライター・コーディネーターとして経験を積む。現在はParisをベースにヨーロッパを駆け回りながら、海外取材やコレクションを通してトレンド分析・考察するジ...

mens

最高気温39.7度と、歴史的な高気温に見舞われたパリ。大手タクシー会社によるストや、イスラム国によるテロなど、街全体を包む不安と心の奥に潜むダークな感情とは裏腹に、メンズ・ファッションウィークが予定通り開催。

メンズコレクションでは、CHANELやLANVINなどに然り、女性モデルを数人ランウェイに登場させる見せ方が徐々に増えてきています。今季はGIVENCHYが大物現役モデル、ナオミ・キャンベルや大手メゾンにひっぱりダコの人気モデル、ケンダル・ジェナーを登場させて話題を呼びました。この流れを見ても、ますます“ジェンダーレス”トレンドに拍車がかかっているのがわかります。

毎シーズン、メンズコレクションのオフランウェイでは、性差の区別を失くすハンサムレディに多く出会いますが、特に今季は、カラーリングやアイテムでスタイリングを上手にマッチさせた、「ジェンダーレスコーディネート」を楽しむカップルを見かけました。

 

■ ボーイフレンドオールインワン

 mens1

© 2014 Condé Nast

同じタイプのオールインワンを着るのでは一昔前の“ペアルックスタイル”でどこか垢抜けない。まず、あからさま過ぎるお揃いは照れますよね。

そこでオールインワンをボトムスとして活用し、トップスの部分は腰巻きでアレンジを効かせて。サイズやボリューム感から見ると、おそらく女性が着ているのはメンズ服。こんな超上級者級の着こなしを真似すれば、彼氏の洋服を兼用で着ることだってできます。今や主流となった、ボーイフレンドデニムの次は、“ボーイフレンドオールインワン”が流行るかも!?

 

■ 小物でマッチ

mens 2mens3

© 2014 Condé Nast

初心者でも最も取り入れやすいのは、小物でマッチさせる技。連日コレクション会場に二人揃って足を運んでいたこのカップル。憎いほどこなれたスタイリングと、二人が放つオーラに魅了され、フォトグラファーたちはカメラを向けずにはいられない様子でした。

“ハット”でマッチさせているだけではありません。パートナーの洋服の素材を、アイテムとして自分のコーディネートにも取り入れるという隠れた小技で、嫌みの無い完璧なカップルコーディネートを完成させています。

 

■ 色味で合わせる

 

個人的に一番お気に入りで、「ベストカップルスタイリングで賞」を差し上げたいのがこの二人!

 mens4

© 2014 Condé Nast

今回のメンズコレクションでは、この男性が着ているような、柔らかい素材のオーバーサイズシャツをよく目にしました。袖はまくり上げ、フロントボタンは胸あたりまで開ける、セクシーな演出はさすがイタリア人!

男性は白とグレーを基調に、小物はブラックで。女性は全体をブラックでまとめつつ、ほどよい露出とボトムスの柄で白を少し取り入れる。ノーアクセ、露出具合、カラーリングのバランスなど、細部まで抜け目のない上手な組み合わせがケンカせず相乗効果でオシャレ度を一気に急上昇させています。

 

mens5

© 2014 Condé Nast

カップルでスタイリングを合わせてみたり、彼氏の服を拝借したり。“ジェンダーレス”ファッションに好き嫌いの好みはあっても、女性にとっては「メンズ服を着る」という選択肢が増えただけでも、また新しいスタイリングに挑戦できるということ。

シングルの私は、カジュアルな素材のセットアップに白スニーカーを合わせるコーディネートにトライしたくて、ただ今スーツを探し中です。彼氏のいない者にとってはあくまでボーイフレンド“風”ではありますが、自分なりのジェンダーレスファッションを今年らしく着こなしみては?

 

 

ELIE INOUE

instagram@elieinoue