• GLAM TOP >
  • LIFESTYLE>
  • ENTERTAINMENT>
  • 【GLAMなオトコ】Vol.9 長谷井宏紀のモノづくりにかける思いとは?ファンキーな母と旅が育んだポジティブなパワー

17.07.26(Wed)

【GLAMなオトコ】Vol.9 長谷井宏紀のモノづくりにかける思いとは?ファンキーな母と旅が育んだポジティブなパワー

GLAM Editorial Team

GLAM Editorial Team

巨匠エミール・クストリッツァに認められ、世界中を旅しながら、写真家としても活動してきた長谷井宏紀。初めての長編映画となる『ブランカとギター弾き』では、フィリピン・マニラのストリートを舞台に、孤児の少女と盲目のギター弾きの出会いを描き、ヴェネツィア国際映画祭でマジックランタン賞とソッリーゾ・ディベルソ賞のダブル受賞という日本人初の快挙を成し遂げました。

人々の触れ合いをコミカルかつ、優しく綴り、映画館を温かい風でいっぱいにするような本作。世界を旅して見えた「つくりたいもの」とはどんなものなのでしょうか? モノづくりの原動力、“GLAM(魅力的・幸せ)”な瞬間を語ってもらいました。

次ページ>> 本作着想のきっかけは?