16.10.21(Fri)

知る人ぞ知る、ドイツの素敵な列車旅。魔女が集まる森を走るハルツ狭軌鉄道

藤井麻未

藤井麻未 個性派トラベルライター/元海外旅行添乗員

秘境系旅行会社元添乗員。テーマ性のある個性派旅を得意とする。旅ブログキュレーションメディア、TABIZINE公式ブロガー。海外に日本を発信するメディア、Japan Infoライター。

列車に揺られ、車窓を楽しみながらどこまでも走る。列車の旅というのはいつの時代も旅情を誘うものです。世界にはまだまだ素敵な列車の旅があり、そのどれもが個性的でいつか乗ってみたいものばかり。今回は、そんな中で魔女伝説が残るという神秘的な山地を走る、ドイツのハルツ狭軌鉄道をご紹介しましょう。

■神秘的な森が広がるハルツ山地


fujii_20161018_01

mydeutschlandblog.files.wordpress.com

ドイツ中央部に、ハルツ山地という地方があります。そこには黒々とした豊かな森が広がり、どことなく「赤ずきんちゃん」の世界を想像させます。かつてドイツが東西に分かれていた頃、この地方は両者の国境地帯であり容易には近付けない秘境でもありました。そのおかげで手付かずの森や古く美しい街がそのまま保存され、現在までその姿を留めているのです。その美しさからハルツ山地は知る人ぞ知るドイツの隠れ人気スポットとなっています。

■蒸気機関車、ハルツ狭軌鉄道

fujii_20161018_02

flickr.com

そのハルツ山地を走るレトロな列車が「ハルツ狭軌鉄道」。なんとこの列車は昔ながらの蒸気機関車なのです。ドイツは現役の蒸気機関車保有数世界一を誇る国ですが、このハルツ狭軌鉄道もそのひとつ。深い森の中を蒸気を上げながら走る様子はレトロそのものです。

ハルツ狭軌鉄道での旅は、小さなヴェルニゲローテの街からハルツ地方最高峰ブロッケン山までの約2時間のルートが最も美しいと言われています。ハルツ地方は一年で260日霧が発生していると言われるほど濃霧に覆われやすい地方ですが、霧に覆われた森の中を走るのもまた雰囲気があり、標高の高い場所で時折晴れ間が覗けば、その絶景に心が躍ります。

■魔女伝説の残るブロッケン山

fujii_20161018_03

panoramio.com

ハルツ狭軌鉄道の執着地点であるブロッケン山には、今も残る奇妙な言い伝えがあります。それは、4月30日の夜になると魔女がブロッケン山に集まり饗宴を開くというもの。これは「ヴァルプルギスの夜」といわれ、この地方に住んでいたゲルマン民族の伝説がキリスト教徒の間に広がり変化したものだと言われています。ゲーテが戯曲「ファウスト」の中で、ヴァルプルギスの夜を描いたことで知られるようになりました。今でもブロッケン山付近の街や村では、4月30日になると魔女に扮した女性たちが集まり火を焚く祭が行なわれています。

■おとぎの世界のような小さな街に立ち寄って

fujii_20161018_04

wernigerode-christmas-market

fujii_20161018_05

hotel-weisser-hirsch

さて、ハルツ狭軌鉄道のルート上には美しい街がいくつもありますが、それらに立ち寄って散策するのも楽しみのひとつです。まずは始点となるヴェルニゲローテの街。ごく小さな街ですが、ハルツ地方でも特に古い家並みが未だに残る美しい街で、まるでおとぎの国に迷い込んだかのような木組みの可愛らしい家々が並んでいます。この街にも魔女伝説があり、あちらこちらで魔女グッズを探してみるのも面白いでしょう。ハルツ狭軌鉄道の旅では、この街を起点にして周辺の街やハイキングルートを堪能するのがおススメ。これからの季節、雪の日のクリスマス市も素敵です。ホテル、ヴァイサーヒルシュは美味しい地元料理を味わえるかわいらしいホテル。ハルツ地方での滞在をより素敵なものにしてくれるでしょう。

◇Ringhotel Weisser Hirsch
http://www.hotel-weisser-hirsch.de/

fujii_20161018_06

Goslar

ハルツ地方、西の玄関口となっているのがゴスラーの街。10世紀以降銀鉱の街として発展し、1500年頃に最も栄えました。こちらも当時を偲ばせる立派な木組みの建物が多く残り、その古さ、美しさなどから街全体が世界遺産に登録されています。ドイツの山間にある隠れた世界遺産として訪れる人々を魅了し続けています。

■おわりに
さて、ドイツの山地を走る蒸気機関車ハルツ狭軌鉄道の旅はいかがだったでしょうか。長い間手付かずだった深い森、神秘的な魔女伝説、そして時々見え隠れするおとぎの世界のような小さな街。それらを繋ぐようにして蒸気を上げながら走るレトロな列車は趣満点。 デッキに出て深い森の空気を吸えば、体中にマイナスイオンが広がります。秋はハルツ山地も黄葉を迎え、一年で最も美しい時期となります。冬のクリスマス市も見逃せません。ぜひドイツ狭軌鉄道の列車の旅に出てみてはいかがでしょうか。