• GLAM TOP >
  • BEAUTY>
  • EDITOR'S PICK>
  • 【Dr.牧野のGLAM外来】vol.8 人間関係に悩んで転職を繰り返してしまいます。私って社会不適合者なんでしょうか?

17.12.27(Wed)

【Dr.牧野のGLAM外来】vol.8 人間関係に悩んで転職を繰り返してしまいます。私って社会不適合者なんでしょうか?

牧野真理子

牧野真理子 牧野クリニック 心療内科 診療部長

医学博士。心身医療内科専門医。牧野クリニック診療部長。優秀臨床専門医。北里大学医学部、メルボルン大学医学部大学院卒業。 働く女性のメンタルヘルス事情に詳しく、摂食障害やうつ病の治療に取り組む。温かなお人柄で、女性の立場...

仕事にもプライベートにも前向きで、充実した日々を過ごすGLAM世代の女性たち。社会で活躍するなかで、ときには人知れずモヤモヤを抱えてしまうことも……。今回は、人間関係のもつれから転職を繰り返してしまう女性のお悩みについて心療内科医の牧野真理子先生が“心の力を抜く”アドバイスをお届けします。

【今回のお悩み】

人間関係に悩んで転職を繰り返してしまいます。私って社会不適合者なんでしょうか?

(S香さん デザイナー 32歳)

【S香さん】働きながらがんばって勉強して、3年間事務職をやってデザイナーに転職しました。仕事は好きだけれども、大体の場合は人間関係に苦しんで転職してしまいます。32歳で5社目。せっかく転職に成功しても、数ヶ月働くと辞めることを考えてしまいます。最近では「私って社会不適合者?」と疑ってしまうほどです。

【Dr.牧野】自分が活躍できる場所を探し続けていくのはいいことだと思います。渡辺和子さんの著書に『置かれた場所で咲きなさい』があります。これは素敵な本だけれども、世の中にはいろんな人がいて、この考え方が合っている人とそうでない人がいます。だから私は反対に「自分が咲けるところで咲きましょう」と伝えたいですね。

【S香さん】私は自分の我慢が足りないのかと思っていました。どの会社でも働き始めてすぐは「"天職"に出会った」と感じるんです。でも次第にイヤになってきて、何か問題が起きるとそれをきっかけに”転職”の2文字が頭をかすめて……。

【Dr.牧野】そういうことも当然あります。そこでストレスを抱えながら働き続けることもできますが、それでは「咲きにくい」。転職すれば楽しく働ける可能性がある、つまり「咲けるかもしれない」ですよね。"天職"に1回の転職で出会う人もいれば、回数を重ねることで出会う人もいますから、自分が咲ける場所、生かされる場所を求めて転職を繰り返すというのは決して悪いことではないと思います。

【S香さん】それを聞いて少し安心しました。ただ、私が転職を繰り返す理由はいつも仕事そのものよりも、人間関係なんです。

【Dr.牧野】転職を考えるときは、自分は仕事内容と人間関係のどちらが理由で転職に踏み切るのかを見極めることも重要です。仕事内容そのものが合わなくて辞めるのであれば、それでいいと思います。もし人間関係が理由であれば上司・同僚・自分の何が問題だったのかをきちんと振り返った方がいいです。

【S香さん】振り返る? 私が悪いという結論もあるんですか?

【Dr.牧野】はい。職場を変えても同じ問題を繰り返す傾向があるので、振り返って問題点を洗い出して次に生かすんです。冷静に振り返ってみると、むしろ自分に問題があることがほとんどだと思います。患者さんとお話ししていると、最初は相手が悪いと主張していた方も自分にも非があったことにご自身で気がつかれています。

【S香さん】問題って、どんなことがありますか?

【Dr.牧野】例えば私の患者さんでは”職場で自分の意見をうまく主張できない”という問題点を抱える方がいらっしゃいます。問題点がわかったら、解決策としてコミュニケーションのトレーニングに取り組みます。

【S香さん】実は私も言いたいことをうまく伝えられなくて、ストレスのひとつになっています。トレーニングって、どうやってやればいいんですか?

【Dr.牧野】まずはノートに上司と自分の会話を私と一緒に書き出したり、言いたいことをストレートに言ってみるんです。

【S香さん】イヤな思いをした会話を再現するって難しそう。

【Dr.牧野】はい。改めて言いたいことを口にしたり、書き出して発言を可視化すると、たいていの場合「思ったよりも自分はきつい言い回しをしているな」「これでは相手に失礼だな」と実感できます。その後に「申し訳ございませんが少し話を聞いてもらえますか?」「今お時間いいですか?」などの枕詞を加えて会話をスムーズに運ぶ練習をします。今は、そういったコミュニケーションにまつわる書籍もたくさん出ていますので、何冊か読んでみるのも手ですね。

そして自分にも問題があったと理解したら、自分が持っているコミュニケーション能力の一部だけが少し問題を抱えていたかもしれないけれど、決して全部ではないと理解できます。人と仕事をするのが実は苦手ではないと気がつくことができますよね。

次ページ>>職場で健全な人間関係を築くコツとは?

 

【Dr.牧野のGLAM外来】
vol.1「結婚はしたい。でも、せっかくだから一発逆転したくてスペックが譲れない……」
vol.2「週末はひとりでダラダラが好き。でも、SNSで友人のリア充ライフを見ると落ち込みます」
vol.3「ストレスで食欲が暴走。食べ過ぎては落ち込む、悪循環をもうやめたいんです」
vol.4「ストイックに筋トレする私。身近な人にも厳しく接してしまいます」
vol.5「“いいね!”がほしくて買い物依存に。高級ブランドを買いまくってしまいます」
vol.6「ライバルは20代!? 若さへの執着が止まらない私ってイタイですか?」
vol.7  「既婚の女友達のシアワセが喜べないです。心が狭いのでしょうか?」